賃貸物件をお探しの方へ!仲介手数料とは何の費用なの?

西天満で賃貸物件をお探し方の中で、仲介手数料などのお金に関することにお悩みの方は多いと思います。
確かに、お金に関することは複雑な印象がありますよね。
今回は、仲介手数料の価格設定に関して詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

□仲介手数料の相場とは?

この章では、仲介手数料についてご紹介します。

まず、仲介手数料とは何かご存じですか。
仲介手数料とはご自身が依頼する不動産会社に対して払う料金のことを言います。
不動産会社というのは物件の案内や契約の締結、契約条件の交渉などをお客様に対して行うので、その労力に対してかかってくる料金がこの仲介手数料です。
多少のズレはありますが、契約が締結したタイミングで行うことが多いです。

次に仲介手数料の上限額についてご紹介します。
仲介手数料の上限としては家賃1ヶ月分に消費税を足した値段です。
なぜなら仲介手数料は、宅地建物取引業法で家賃の1ヶ月分に消費税を足した値段と定められているからです。

家賃1ヶ月分に消費税を足した値段とありますが、この消費税は10パーセントです。
2019年10月に8から10パーセントに引き上げられました。

ここまでは上限額についてご紹介しましたが、ここからは仲介手数料の相場についてご紹介します。
あくまで相場でしかありませんが、仲介手数料は家賃0.5ヶ月から1ヶ月に消費税を足した値段設定になることが多いです。

家賃が5万円から15万円だった場合、家賃0.5ヶ月分に消費税を足した値段だとすると仲介手数料は27500円から82500円です。
また、家賃1ヶ月分に消費税を足した値段だとすると仲介手数料は55000円から165000円です。

以上、仲介手数料についてご紹介しました。
是非参考にしてください。

□仲介手数料が安すぎる家のデメリットとは?

この章では、仲介手数料が安すぎる家の注意点についてご紹介します。
一見、安いとお得に感じるものですがデメリットがるのでぜひこの章を読んで参考にしてください。
ここでは、3つの注意点をご紹介します。

1つ目は仲介手数料以外に請求される費用が高くつく可能性があることです。
仲介手数料の価格設定が低い、もしくは無料になっているだけでは不動産会社にとって損失になるかというとそうではありません。
依頼されたお客様からお金を請求しなくても、その分を大家さんから請求していることがあります。

なぜなら、大家さん側からしてみれば家が空いている状態よりも、不動産会社にお金を払って入居者を手に入れる方が利益になるからです。
大家さんからしてみれば、それくらいのお金は利益を得る上での経費です。

もしくは、仲介手数料を請求しない代わりにお客様に請求する他の費用が高めに設定されていることがあります。
例えば、敷金や礼金と言った初期費用、家賃などから補填しているケースもあります。

また、管理費や共益費を、家賃を高めに設定することで補填していることもあります。
相場よりも家賃の価格設定が高いと感じた場合は気にしておきましょう。

2つ目は入居者が決まりにくい賃貸はそれだけの問題を抱えている可能性があることです。
物件の中には長期間ずっと借り手がいない物件というのも、もちろんありますよね。
そういった物件には、それだけの理由があると考えたほうが良いでしょう。

例えば、築年数がたっていて見た目の古さや設備の古さが目立っていたり、物件から駅までの距離が遠かったりするなど、考えられる理由はいろいろありますよね。
また、物件自体に問題はなくとも住んでいる人や隣人のマナーが良くないといったことも考えられます。

そういった場合は、仲介手数料などの費用をできるだけ下げて入居希望者をできるだけ増やすといった方法をとることがあります。
すなわち、家賃の安さや仲介手数料の安さだけに惹かれてその物件への入居を決めることは危険です。
失敗しないように、内見の際には部屋の隅々を確認し、共用部分の管理が行き届いているのかも見ておくようにしましょう。

3つ目は物件の選択肢が少なくなる可能性があることです。
仲介手数料は不動産会社にとっては大きな収入源です。
もちろん仲介手数料が無料なところもありますが、基本的には仲介手数料があります。

そのため、もちろん仲介手数料が無料な方がお得かもしれませんが、仲介手数料が無料な不動産会社を選んでしまうと物件数は大幅に減ります。
物件の選択肢が減ってしまうので、ご希望の物件を探すことも困難になります。

物件の選択肢の幅が広すぎることも問題ですが、減らしたからといって探すのが難しい条件ばかり残していては意味がありません。
例えば、人気エリアで最新施設が備えられた物件というだけでも探すのが難しいのに、それに加えて家賃や仲介手数料の価格設定が低いことを条件にしていると選択肢は大幅に減ってしまいます。

□まとめ

今回は、仲介手数料についていろいろな視点からご紹介しました。
何か参考になることはありましたか。
賃貸の金銭関係は複雑だと感じる方が多いと思いますので、この記事がお役に立てましたら幸いです。
また、西天満エリアで賃貸物件をお探しの方がいらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。