女性の1人暮らしは危険がいっぱい?賃貸をお探しの女性へ注意点を解説!

西天満で賃貸をお探しの女性の方も多くいらっしゃると思います。
女性の1人暮らしに不安や悩みをお持ちの方は少なくありません。
そのため、今回は女性が1人暮らしをする際の注意点をご紹介します。

□女性が1人暮らしする際に注意する行動とは?

女性に限らず、一人暮らしでは自分で自分を守る必要があります。

窓を開けたまま過ごさないように注意しましょう。
特に春や夏に多い行為です。
空気の入れ替えで数十分程度開ける場合は問題ありません。
しかし、一日中窓を開けたまま過ごすのは控えましょう。

洋服や下着を外に干さないように注意しましょう。
女性が下着を外に干しておくと、女性が住んでいると知らせることになるため危険です。
下着だけでなく、洋服も外に干さないようにしましょう。
洋服や下着は、可能な限り室内干しにすることをおすすめします。

ドアののぞき穴には注意しましょう。
ドアののぞき穴は、扉を開けなくても外が確認でき、便利ですが、実は外からも中が見えてしまうこともあります。

玄関の鍵の閉め忘れに注意しましょう。
基本的に鍵の閉め忘れは少ないでしょう。
しかし、酔って帰って来た時はどうでしょうか。
酔っている時は判断力が鈍っているため、鍵を閉め忘れて寝てしまう可能性も少なくありません。

女性の一人暮らしと気づかれないようにしましょう。
特に気を付けたいのは習慣になっている行動です。
それは、公共料金の支払いを特定のコンビニで払うといったようなことも含まれます。
必ず支払わなくてはならない公共料金ですが、これを毎回同じコンビニで支払っていると、知らないうちに相手に住所を知られてしまっていることがあります。

エレベーターやオートロックにも注意しましょう。
オートロックの防犯性能を過信してはいけません。
住人がオートロックを開けてマンション内に入る際、背後から一緒に入ることも可能です。
物件を探す際に内見では、外階段や非常階段の状況も確認しておきましょう。

また、エレベーターに乗る時も注意が必要です。
自分の部屋の階が知られないようにするためにも重要です。
何より狭い空間で襲われないように注意しましょう。

毎日同じ店で買い物することにも気をつけましょう。
公共料金の支払いだけでなく、普段の買い物にも気を付けた方が良いでしょう。
毎日同じ店に買い物に行っていると、不審者の待ち伏せの標的にもなってしまう可能性があります。

表札や郵便受けで一人暮らしと気づかれないようにしましょう。
表札や郵便受けに名前を表示することは防犯面では良くありません。
特にフルネームで記載するのは止めておきましょう。

音楽を聴いて帰らないようにしましょう。
スマホを触りながら歩くことや、イヤホンで音楽を聞きながら夜道を歩くのはとても危険なので注意しましょう。
注意力が散漫になり、背後から人が近付いて来ても気付かないことがあります。

そのため、後ろの気配に気をつけて帰るようにしましょう。
イヤホンで音楽を聞きながら歩いていると、背後の気配に気づかない原因となります。
そもそもあまり周りを気にせず歩いている方も少なくありません。
何も感じなくても、こまめに背後を気にしながら歩く習慣を付けておくと良いでしょう。

□物件探しのポイントをご紹介!

まず、セキュリティ面で女性が気を付けるポイントをご紹介します。
防犯カメラがしっかりと設置されていて、オートロック機能など防犯機能がしっかりしている必要があります。
ホームセキュリティ付きで緊急時に誰かが駆けつけてくれることが保証されていると、安心すること間違いなしです。

次に、階数で女性が気を付けるポイントをご紹介します。
一般的に女性の一人暮らしでは1階は避けるべきでしょう。
窓から侵入されてしまったり、窓に干した洗濯物が盗まれてしまったりする可能性を考慮して2階以上の物件が女性にはおすすめです。

次に、洗濯機置き場でのポイントをご紹介します。
物件によってはベランダやバルコニーなど、外に洗濯機置き場が設置されていることも多いです。
中から洗濯物などを盗まれてしまうケースもあるため、女性の一人暮らしでは家の中に収納できるスペースがある物件を探すと良いでしょう。

次に、共有スペースで女性が気を付けるポイントをご紹介します。
共用廊下に私物が放置されているかどうかで住民マナーを確認できます。
また、清掃があまり行き届いていない場合、あまり管理されていない可能性が高いでしょう。

次に、最寄り駅からの距離に関して女性が気を付けるポイントをご紹介します。
長い道のりを女性一人で歩くことは危険です。
事前に自分の足で歩いてみることをおすすめします。
場合によっては駅が広く、駅に辿り着いてから実際に電車に乗れるまで時間がかかってしまうこともあります。

最後に、周辺環境で女性が気を付けるポイントをご紹介します。
最近では、インターネットを利用することで地域の犯罪情報マップを警視庁のホームページから確認できます。

周辺に遅くまで営業しているスーパーやコンビニがあるかも確認もしましょう。
仕事で帰りが遅くなってしまった場合、女性が暗い夜道を歩くのは危険です。
商業施設は多いか、明るい道は多いか、といった確認を怠らないようにすることが重要です。

□まとめ

今回は女性が1人暮らしをする際の注意点をご紹介しました。
1人暮らしに関して何か不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。
担当者が最後までサポートします。