賃貸で火災保険は必要?知って起きたいポイントを解説!

西天満で賃貸をお探しの方にぜひ知っていただきたいのが、火災保険についてです。
賃貸で火災保険が必要かどうか分からない方も多いでしょう。
そのため、今回は火災保険で知っておきたいポイントについてご紹介します。

□火災保険の種類をご紹介!

火災が発生してしまっても、重大な過失がなければ損害賠償責任は負いません。
しかし、賃借人には、賃貸借契約によって退去時に原状回復する義務が課せられています。
そのため、火災によって被害を加えてしまった場合、原状回復する義務が生じ、それができない場合は損害賠償責任が発生してしまいます。
隣家や隣室から火をもらってしまい、自身の家財が被害にあっても、火を起こしてしまった方に損害賠償請求ができないため、自身の財産は自分で守るしかありません。

火災保険と呼ばれる賃借人が加入するのは、家財保険と借家人賠償責任保険の2つとなっています。
基本的にこの2つの契約内容をしっかりと確認すると問題ないので、しっかりと確認しましょう。
火災保険には家財保険と借家人賠償責任保険の2つに加えて、日常のトラブルに対応する個人賠償責任保険があります。
他の保険で加入している場合は賃貸物件で加入する必要はありません。

家財保険は、ご自身が保持する家電や家具の損害を補償するもので、賃貸の場合の火災保険の基本となります。
これが適応されるものは、落雷や火災、水害、水漏れ、爆発などが主な原因で、現預金や家財の盗難も対象となります。

このほかにも被害に遭った場合、使用できなくなった家財を片付ける際に、その費用が実費で支払われるなど補償内容はさまざまです。
そのため、この保険はご自身の家財のために入るものと考えれば良いでしょう。

反対に、借家人賠償責任保険は、大家さんのために入ると考えれば良いでしょう。
爆発や漏水、火災によって賃貸している部屋に被害を加えてしまった際に原状回復するための費用を補償するものです。
基本的には、家財保険の特約として契約するでしょう。
補償対象は、ご自身が賃貸している部屋に被害を加えた場合に限られるため、ご自身で火事を起こしてしまい、隣の建物に被害を加えてしまった場合には、補償されません。

火災で隣家に損害を与えてしまうときに備える保険は、個人賠償責任保険です。
この保険は、日常生活で起きた問題を補償してくれるものです。
ケガをさせてしまった相手への治療費や慰謝料、破損物の修理費や物を壊してしまったときに発生する損害賠償などが対象です。
補償の内容はさまざまで、例えば、飼い犬が他人に飛びついてケガをさせてしまった場合や水漏れで階下の部屋に損害を与えた場合も補償金の支払い対象となります。

自動車保険や損害保険の特約として加入することが多いため、すでに加入している保険があればチェックして、補償が重複しないように気を付けましょう。

□火災保険で知っておきたいポイントをご紹介!

賃貸契約時に不動産会社が保険加入をすすめることがほとんどでしょう。
しかし、必ずそこから入らなければならない訳ではありません。
加入した証として保険証書のコピーを求められる場合もあります。
不動産会社で加入すると、最低限必要な補償は揃っているため、安心できます。

補償によって必要かどうかを選択できると、保険料の節約にもなりますが、補償内容をしっかりとご自身で理解する必要があります。
ご自身を保護するための保険であるため、補償内容を詳しく読み、必要か不必要かをしっかりと判断することが大切です。

引っ越しをする際に建物の構造が同じ場合、住所変更や現在加入している保険の移転をするだけで手続きが済む場合があります。
地震保険に加入している方は、住んでいる都道府県が変わることで保険料も変化するため、差額が発生する場合もありますが、現在加入の保険を使うことも可能でしょう。

引っ越しの日が決定したら、加入している保険会社に引っ越しする旨を伝え、解約ではない方法が取れるか確認しましょう。
また、家の構造が変化し、保険の継続や変更ができない際は、引っ越し日付で解約の手続きを取ることで、解約日から満期日までの間の保険料が戻ってくる可能性があります。

損害保険料率算出機構によると、地震保険の加入率は、2019年時点で全世帯の約3割です。
しかし、国も加入を推進しており、地震保険料控除の対象になるため、保有件数は年々増加しています。
賃貸住宅でも地震保険に加入している場合は、地震保険料控除の対象です。
控除証明書は、基本的に初年度は証券とともに、長期契約の方はハガキで秋頃に郵送されるため、確定申告や年末調整の時期までなくさないようにとっておきましょう。

□まとめ

今回は火災保険で知っておきたいポイントについてご紹介しました。
火災保険は、ご自身の家財を守るだけでなく、大家さんや隣人への補償としても重要です。
皆さんもこの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。