物件探しにコツはある?賃貸をお探しの方に向けて解説します!

この記事をご覧の皆さんは
「西天満の賃貸を探している」「物件探しのコツが知りたい」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回は司法修習生の方たちに向けて、物件探しのコツや費用の抑え方について解説します。

□事前準備のコツをご紹介!

物件探しをする際に重要なのが条件を考えることです。
これだけは譲れないという条件から物件を探していくことで、効率良く情報収集ができるでしょう。
ここでは3つのコツについて詳しく解説します。

1つ目は部屋の条件を考えることです。
ご自身の給料や仕送り額から最適な家賃を考えましょう。
また勤務先や学校の通いやすさからエリアを絞ると良いです。
その他にも入居時期や広さ、最寄り駅までの距離、部屋の向きなども十分に考慮することが、快適な暮らしへの重要なカギとなります。

2つ目は希望の条件から物件探しをすることです。
先ほどの条件から理想の家を絞れたところで不動産会社に行くことも良いですが、理想は事前に物件を検索しておくことです。
実際の情報を確認して気になる物件を選んでおきましょう。
検索しているうちに相場観やさらに追加したい条件などが出てくると思います。

3つ目は不動産会社に実際に問い合わせることです。
メールや電話で不動産会社に問い合わせてみましょう。
おすすめの時期は1月から3月の繁忙期です。
また不動産会社を選ぶ際も信頼できるかを確認することが重要です。
当社は物件のメリット・デメリットを正確にお伝えし、深く精通した知識をもとにお客様のご要望や質問に幅広くお応えしますので、ご安心ください。

□家賃や初期費用を抑えるためのコツをご紹介!

学生さんで部屋を借りる際に特に気になるのは家賃ですよね。
自分にぴったりの条件の部屋があったとしても家賃が高いと、どうしても借りることに躊躇してしまうでしょう。
ここではそんな方のために家賃や初期費用を抑えるコツについて詳しく解説します。

家賃の安い部屋を探すためには物件検索の際に条件を縛りすぎないことが重要です。
まずはこだわりたい条件の中から優先順位が低いものを外していき条件を緩めていきましょう。
例えば立地の場合、部屋からの最寄駅だけでなく、隣の駅まで条件を広げていったり急行停車駅だけでなく各駅停車駅まで確認してみたりすることで選択肢が広がることがあります。
築年数から選ぶ場合は、まだ新しい物件のみに注力して選ぶのではなく築年数が比較的古いものも含めて選ぶことをおすすめします。
たとえ築年数が古かったとしてもリフォームやリノベーションを施してあると部屋がきれいに保たれていることがあるので、これも家賃を抑えることに繋がります。

初期費用を抑えたい場合は敷金礼金0の物件を探したり仲介手数料があまり必要ない不動産会社を選んだりすることで、ある程度対策が可能です。
敷金と礼金、仲介手数料は家賃をもとに計算されているため、初期費用を大幅に削減するのに効果的なのです。
またフリーレント物件という入居後から数か月間家賃を免除してくれる物件もあります。
多くの場合免除してくれる期間は1~3ヶ月ですが、長いところでは半年ほど免除してくれるところもあるので、金銭的な余裕が生まれますね。

□引っ越してから後悔しないためのポイントをご紹介!

最後にな内見の際にチェックするポイントを解説します。
引っ越してから後悔することがないよう、ここでしっかり確認しておきましょう。

1つ目は防音性です。
鉄骨造や木造の壁の防音性が低いというのは有名ですが、実は鉄筋コンクリート造でも必ずしも防音性が高いとは限りません。
エレベーターの音がするかどうかなどで簡単にチェックできるので、内見の際に試してみてください。

2つ目は湿気の状況を確認することです。
湿気が多い部屋に住むと服や家具がカビやすくなってしまいます。
ただこれは内見ではなかなか気づきにくいですよね。
湿気が多いかどうかはサッシの周辺をチェックするのがおすすめです。
サッシの周辺にカビや変色が見られた場合、湿気の原因になる結露が発生する可能性が高いと言われています。
また、壁の浮き具合で湿気をチェックする方法もあります。

3つ目は水回りを確認することです。
水回りを確認する際に注意したいのはトイレの水の溜まり方です。
水位が上がっている場合は跳ねやすくなり、また水位が低すぎると臭いが上がってくる可能性があります。
水位はどうしても変えられないので、内見の際にしっかり確認しておきましょう。
また、便器のタンクのふたを開けてカビの具合を確認し、しっかり掃除されてあるかどうかをチェックするのも重要です。

□まとめ

この記事では、物件探しのコツについて解説しました。
物件を探す前に事前に条件の絞り込みをしたり理想の物件を検索したりしておきましょう。
内見の際は防音性や湿気の状況を確認することが重要です。
この記事を物件探しの参考にしていただけると幸いです。