学生さん必見!賃貸を探す際の注意点について詳しく解説します!

この記事をご覧の皆さんは
「西天満の賃貸を探している」「学生が賃貸を探す際の注意点って何だろう」
このようなお悩みを抱えているかもしれません。
そこで、今回は家探しの流れ学生が賃貸路借りる際の注意点について解説します。

□家探しから引っ越しまでの流れと期間をご紹介!

学生さんが独り暮らしをする際、引っ越しや内見などするべきことがたくさんありますよね。
中には何から始めれば良いか分からないとお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは家探しから引っ越しまでのざっくりとした流れをご説明します。

入居時期を決めて家探しをスタートさせる際、いきなり探し始めるよりも不動産サイトをチェックして賃貸の相場観を掴んでおきましょう。
その中で気になる物件があったら内見をします。
事前に不動産会社に連絡して入居希望日や希望のエリア、最寄駅からの距離、間取りなどを伝えておくとスムーズに進みます。

物件が決まると申し込みを行い審査に通ると契約に進みます。
契約の時は初期費用を支払いますが、敷金礼金がない物件の場合は保険料などを主に支払います。
早い人は不動産会社を1回訪れて全ての流れが終了しますが、長い人だと1ヶ月ほどかかるでしょう。

物件を決めたら引っ越し会社を早めに探すことをおすすめします。
特に3月は繁忙期で予約が取れなかったり引っ越し料金が高かったりします。
引っ越し会社が決まったら引越しの前日までに梱包を終わらせておくと良いでしょう。

引っ越しまでに済ませておくべきことは荷物の梱包だけではなく、住民票などの手続きも必要です。
今住んでいる場所とは違う市町村区に引っ越す場合は引越し先の役所で転入届と提出します。
また同一の市町村区の場合は転居届を提出しましょう。
また電気やガス、水道の使用開始手続きも必要ですが、特にガスの開栓の際は立ち会う必要があるので、事前に予約しておきましょう。

□学生でも賃貸は借りられるのかをご紹介!

一人暮らしを始める際に「学生だけど賃貸を借りるときに審査には通るのかな」このような疑問を抱く方も多いかもしれません。
ここでは学生が賃貸の審査に通るかどうかや注意点について詳しく解説します。

結論から言うと学生でも賃貸の審査に通ることは可能です。
ただ前提として連帯保証人の収入がしっかりしていることが挙げられます。
学生の場合は両親が連帯保証人になることがほとんどですが、両親の収入が安定していれば問題なく審査に通ることが可能なのです。

公社の賃貸の場合でも学生さんが入居することは可能です。
この場合は学校教育法にもとづいて設立された大学や高等専門学校に在籍していること、また18歳以上であることなどの条件が求められます。
そのほかにもさまざまな規約が決められていることが特徴です。

学生が賃貸住宅を借りる際、審査で注意するポイントはいくつかありますが、特に重要なのは管理会社やその住宅の大家さんが貸したいと思える人であるかどうかです。
たとえ連帯保証人の収入が安定していたとしても借りる本人に清潔感がなかったり、トラブルを頻繁に起こすような人だったりすると信用を失いかねませんよね。
賃貸を借りるということはそれだけ責任も伴うので、常識をわきまえた態度を心がけましょう。

賃貸を借りる際に必要な書類は申込時と契約時で異なります。
申込時には入居者の情報や連帯保証人の情報が必要です。
例えば氏名や年齢、電話番号、そして連帯保証人の場合は勤務先名や勤務先の住所、入居者との間柄、年収などの情報が必要です。

契約時に必要な書類は以下のとおりです。

・契約者の収入がわかるような証明書
・印鑑、印鑑証明書
・契約者の住民票
・敷金、礼金、仲介手数料
・損害保険料
・連帯保証人の同意書

管理会社によってはこれ以外の書類が必要になることもあるので、早めに確認しておきましょう。

□賃貸を探す際の注意点をご紹介!

インターネットを活用すると条件を設定して検索するだけでそれに合う物件が出てくるので、便利ですよね。
その際に注目するべき3つのポイントについて詳しく解説します。

1つ目は立地です。
立地を考える際は学校にアクセスしやすいか、そして生活しやすいかを考えるようにしましょう。
例えば学校から1時間以上もかけて通わなければならない場所だと不便ですし金銭的にも負担になってしまいますよね。

2つ目は家賃です。
自分にぴったりの条件でかつ手頃な賃貸が1番理想的ですが、なかなかそうはいきませんよね。
最寄駅をずらして探したり築年数が古めの賃貸を探したりすることで、家賃は大幅に抑えられます。

3つ目は間取りです。
基本的に一人暮らしなのであまり広い部屋は必要ないですよね。
とはいっても狭すぎても不便なので、家賃が高くなりすぎない程度の広さの間取りを選びましょう。
また間取りだけではなくフローリングや畳など、部屋のタイプも考慮すると良いです。

□まとめ

この記事では、学生が賃貸を探す際の注意点を解説しました。
家探しから引っ越しまでは長い人で1ヶ月くらい必要なので、長めに考えておくと良いでしょう。
また賃貸を探す際は条件を考えることがとても重要です。
この記事を賃貸を探す際の参考にしていただけると幸いです。