賃貸選びは優先順位を考えることが重要!考え方を解説します!

西天満で賃貸選びをしたいとお考えの方はいませんか。
これから新生活を始める上で、どのようなお部屋に住むのかはとても重要な要素ですよね。
住んでみて後悔しないお部屋を探すためには、優先順位を考えることが重要です。

そこで今回は、賃貸を選ぶ際の優先順位の考え方について解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□優先順位を考えなかったらどうなる?

お部屋探しをする際、できるだけ自分のこだわりに合ったお部屋を選びたいと思われる方は多いでしょう。
しかし、あらかじめ優先順位を決めておかないと後悔してしまう可能性があります。
ここからは、実際にどんな失敗例があるのか、いくつかご紹介します。

1つ目は、立地にこだわりすぎたあまり、周辺環境や設備に注意を払っていなかった例です。
住まいの立地について、学校や会社、駅からなるべく近いところを選びたい方は多いですよね。
しかし、住んでみたら人通りや車通りが多く騒がしい、飲食店が多く酔っ払いが多いなどの失敗談があります。
また、目的地に近いという便利さに気を取られ、お部屋内の設備を見落としてしまうケースもあるでしょう。

2つ目は、住みやすさを重視しすぎたあまり、立地が悪かったという例です。
例えば、「閑静な住宅街にある」、「複数の駅を利用可能」という言葉は一見すごく良い条件だと感じてしまうかもしれません。
しかし、しっかりと確認しておかないと、学校や職場から遠かったり、複数の駅を利用できるものの、どの駅までも遠いなどの失敗をしてしまう可能性があります。

3つ目は、条件を気に入り契約をしたものの、家賃が高すぎて生活が圧迫されてしまった例です。
新築で駅近、お部屋の広さや設備も快適といった、ご自分にぴったりな条件の物件を見つけた場合、すぐにでも契約をしたいと考えがちですが、ここでも注意が必要です。
収入に対する家賃の比率があまりに高すぎると、毎月の負担が大きくなってしまうので、家賃は手取り額の3分の1を1つの目安として、無理のない家賃のお部屋を探しましょう。

□基本条件の決め方を紹介!

次に、お部屋探しをする上での基本条件の決め方をご紹介します。
これらの基本条件のうち、どの条件を優先するかは人それぞれ違います。
あらかじめ基本条件について把握しておけば、それぞれの優先順位をスムーズに決められるでしょう。

*家賃について

先程も少しご紹介した通り、無理のない生活をするための目安として、家賃は手取り額の3分の1までに抑えるのがおすすめです。
しかし、毎月にかかる食費や固定費などが多い方やより多めに貯蓄をしたいと考えている方は、3分の1よりも低く見積もっておくことが大切です。
契約をした後も快適に過ごすためにも、無理のない範囲の家賃で物件を選ぶようにしましょう。

*間取りについて

お部屋の広さや間取りについて考える際、まず大切なポイントは世帯人数です。
例えば、一人暮らしの場合は25平米程度の広さが必要だとされています。
よりゆったりとした広さが欲しいのであれば、40〜55平米が必要になるでしょう。
25平米は1Rや1K、40平米は1LDKや2LDKの間取りのケースが多いです。

部屋が広ければ広いほど家賃は高くなるのが一般的で、特に都心部は土地代が高いので、25平米よりも狭い物件もあります。
間取りを選ぶ際は、何人で住むのか、それぞれの部屋を何に使うのかを考え、最低限の部屋数を決めておくことをおすすめします。

*立地について

立地について考える際、交通の利便性と周辺環境について注目することが大切です。
最寄り駅までの距離や主要駅までのアクセスの良さは、家賃の金額を左右するポイントになるため、どのくらいの距離なら許容範囲か考えておくと良いでしょう。
また、スーパーやコンビニ、病院までのアクセスは快適な生活を送れるかを考える上でとても重要になります。
周辺環境に求める要素は人それぞれ違うので、まずはご自分の生活に合った周辺施設を出し、優先順位をつけておきましょう。

□妥協しても良いポイントとは?

ここからは、妥協しても良いポイントをいくつかご紹介します。

1つ目は、築年数です。
築年数が古いからといって、快適に住めないとは限りません。
一見、外から見ると古い物件でも中はリノベーションがされていて綺麗になっている場合もあります。
そのため、どうしても新築が良いといったこだわりがない場合は、希望の築年数の幅を広げてみても良いでしょう。

2つ目は、日当たりの良さやベランダの有無です。
外出が多く、普段からあまり家にいないことが多い方の場合、あまり日当たりの良さを重視しなくても良いかもしれません。
また、浴室乾燥機が設けられていたり、コインランドリーを使ったりする方は、ベランダがなくても問題なく生活ができるでしょう。

3つ目は、お風呂です。
普段あまり湯船に浸からずシャワーだけで済ませてしまう方は、お風呂の広さや機能にこだわらなくても良いでしょう。
また、風呂・トイレ・洗面所がセットになっている場合は、掃除がしやすいので一人暮らしの方にとってはメリットになる場合があります。

□まとめ

今回は、賃貸を選ぶ際の優先順位の考え方について解説しました。
お部屋探しで後悔しないためにも、あらかじめしっかりとポイントを押さえておきましょう。
西天満でお部屋をお探しの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。