賃貸に住む際にやっておきたい防音対策をご紹介します!

賃貸物件に住む際に気をつけておきたいのが、防音対策です。
これまで、上の階の居住者の足音が気になる経験がある方や、隣の部屋から生活音がうるさく感じる経験をお持ちの方も少なくないかと思います。
今回は、トラブルにも繋がりやすい賃貸での防音の対策についてご紹介いたします。

□最近の賃貸事情について

日常生活には、音がつきものです。
家族でテレビを見ながら談笑する声や、キッチン・トイレ・お風呂などの水が流れる音、洗濯機のガタガタした音など、音の種類を上げればキリがありません。
私たちは音に囲まれながら生活していると言っても過言ではありません。
しかし、生活スタイルが異なる場合、例えば、夜間勤務があり昼間は寝たいのに休めない場合や、楽器の練習を部屋で行っている場合など、慣れない状況や通常と異なる状況ではストレスも感じやすくなり、トラブルにも繋がりやすくなります。

音には、空気を介して伝わる「空気伝播音」と、壁や床などを介して伝わる「固体伝播音」があります。
この2つの音は伝わり方やその対策が異なります。

まず、空気伝播音には、テレビの音や話し声などが含まれますが、音の発生した場所から距離が離れるほど音の大きさは小さくなります。
そのため、壁やカーテンなどで仕切りを作ることで効果を得られます。
また、テレビの音量を下げたり、会話のボリュームを下げたりするなど自身での対策を比較的簡単に取りやすいのが特徴です。

固体伝播音には、歩いた際の足音やスリッパの音、椅子を引いた時の音などの振動する音が含まれます。
これは、物理的な距離が離れていても空気伝播音ほどは音が小さくなりません。
壁や床を厚くしても伝わりやすい音なので、生活する際には注意が必要です。

では、最近の賃貸の防音事情はどのようになっているのでしょうか。
木造住宅よりもRC造(鉄筋コンクリート造)の建物の方が防音性に優れているイメージをお持ちの方も多いかと思います。
木造住宅と比較すると、RC造の方が、壁が厚いことが多く、空気伝播音は伝わりにくいという特徴があります。

しかし、足音や家具を動かす音などの固体伝播音はRC造でも伝わる恐れがあります。
また、RC造でも全てが鉄筋コンクリートではなく、一部に石膏ボードやグラスウールを用いている場合もあり、期待していた防音効果が得られないケースもあるため、注意が必要です。

□防音性の高い物件を選ぶコツとは

防音性の高い物件を探したり、選んだりする際のポイントをご紹介いたします。

まずは、木造よりもRC造を選ぶ場合です。
木造よりも気密性に優れたRC造は、防音効果を得られやすいです。

次に、窓が二重サッシの家を選ぶ場合です。
外からの防音効果に加え、断熱効果や結露発生を抑制できるという利点があります。

次に、壁や床が厚い家を選ぶ場合です。
壁や床が厚く、中が空洞になっていなければ、音が伝わりにくくなります。

ここからは、防音性の高い物件を選ぶコツを2つご紹介いたします。

1つ目は、立地や階数を確認することです。
大通りや繁華街に面した立地を避けることで、騒音が気になりにくくなります。
また、角部屋は、自身が発する生活音が気になる場合にもおすすめです。
しかし、階段やエレベーターが隣接している場合には、階段を歩く音やエレベーターから歩く音が響くことがあるので、注意が必要です。

2つ目は、内覧時に防音性を確認することです。
内覧時に、壁を軽く叩いて壁の厚さを確認したり、周囲の生活音が気にならないか確認したりしましょう。
また、自身が家にいる時間に合わせて内覧を行うことで実際の生活がイメージしやすくなるかもしれません。

以上のポイントを押さえておくと、家選びに役立つかと思いますので是非参考にしてみてください。

□防音性を高めるためにやっておきたいことをご紹介!

いくら防音性の高い物件を選んだとしても、他の部屋や階の音を全く気にせず生活できることは多くありません。
人が生活しているのですから、どうしても音が発生してしまいます。
少しでも防音性を高めるために各家庭でできることはあるのでしょうか。

まず1つ目に、厚めのカーテンを使用することです。
雪が降ると音を吸収して静かに感じるように、繊維の細かい厚めのカーテンを設置することで防音効果を得られます。
最近では、遮音・防音効果の高いカーテンも増えているため、選択肢が増えています。

2つ目に、家具の配置を変更することです。
今家にある家具の配置を変えることで防音性が高まる可能性があります。
生活音が聞こえやすい方の壁に厚みのある本棚やタンスなどの家具を設置することで、音を吸収して感じにくくなります。
ベッドは、隣室とは逆側に置くことで音が気になりにくくなるかもしれません。

3つ目に、床にカーペット、ラグ、マットを敷くことです。
最近の物件は床がフローリングになっていることが多いですが、その場合には物を落としたり、椅子を引いたりした際の音が伝わりやすくなっています。
少しでも音を吸収するためにカーペット、ラグ、マットを敷くと良いでしょう。
毛足が長いものだと掃除がしにくい場合があります。

そのため、掃除が手間な場合にはクッションマットのものがおすすめです。

□まとめ

今回は、賃貸に住む際にやっておきたい防音対策についてご紹介いたしました。
物件選びの際に少し見方を変えてみると、より住みやすい家が見つかるかもしれません。
そのお手伝いをさせていただきますので、西天満周辺で家探しをしている方は是非当社へお問い合わせください。
お待ちしております。