司法修習生になる方に向けて!賃貸を探す際のポイントを解説!

「司法修習を受けることになったが、賃貸はどのように探せば良いのだろうか」
このようなお悩みをお持ちの修習生は毎年いらっしゃいます。
そこで今回は、司法修習生になる方に向けて賃貸を探す際のポイントを解説します。
賃貸探しでお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

□司法修習生制度とは何か

司法試験に合格したとしても、すぐに弁護士や裁判官、検察官になれるわけではありません。
司法研修所にて採用、所属してから1年間の研修を受けることになります。
さらにその後修了試験を合格してはじめて法曹として活動することが許されます。

司法試験は凡例の知識や法解釈などの知識を試される試験ですが、司法修習では裁判実務にかかわる研修が行われます。
つまり、実際の事件を題材にしてどのような結論を出すかを研修所教官の下で考える訓練をしていくことになります。

そして、司法研修所は最高裁判所の附属機関であるため、そこに所属するということは公務員に準じた地位に当てはまります。
公務員である以上はその食味に応じた行動が求められます。
海外渡航も許可なく行えません。

また、兼業や副業は法律によって認められておらず、司法修習に専念する必要があります。
もし、会社員の方で司法修習を受けるという場合は、原則会社を退職してからでなければ司法修習を受けられません。

加えて、司法修習生には守秘義務もあり、取り扱った事件の個人情報はもちろん、内容も外部には漏らしてはいけません。

このように、司法修習生にはさまざまな制約があります。

□司法修習生の賃貸探しのポイント

先ほどは司法修習生制度についてご紹介しました。
ここからは、司法修習生の方に向けて賃貸探しのポイントをご紹介します。

*最も大切なのは距離

まず、考えておきたいポイントとして挙げられるのは、修習場所との距離です。
裁判所や検察庁など、配属されたエリアに近ければ近いほど便利です。
日々通うことになるため、修習場所との距離はよく考えるようにしておきましょう。
特に大阪であれば裁判所と検察庁が離れているため、場所選びは慎重に行う必要があります。

当社は、大阪の司法修習生の方へ西天満を中心に賃貸物件をご案内しております。
どこの場所が良いのか分からないという場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

*考えておきたい契約条件

次に考えておきたいのが契約条件です。
司法修習生は多くの場合、だいたい1年後に引っ越しをすることになります。
そのため、2年以上の物件を契約しないように注意しておく必要があります。
また、敷金礼金などがある場合は、その金額を確認しておくことをおすすめします。

*物件を探す際のポイント

ワンルームマンションであれば、基本的にベッドやお風呂、トイレといった設備はそろっています。
無難にはなりますが、生活に困ることは少ないため、初めて一人暮らしされる方にはおすすめです。

それ以外の仕様のお部屋は、部屋の構造をよく見ておく必要があります。
例えばキッチンがどういった形になっているのか、お風呂があるのかないのかといったようなことです。
また、通風や採光の面から窓の向きについても考えておくことをおすすめします。

*賃料について

賃料は地域によって変わってきますが、あまり高い物件を選ぶと生活が苦しくなってくるため注意が必要です。
特に司法修習生は兼業や副業ができないため、収入が限定されていることも考慮する必要があります。

□司法修習生の収入について

先ほどは、司法修習生に向けた賃貸選びのポイントについてご紹介しました。
そして、後半にもご紹介しましたが、賃貸選びでは収入も重要になってきます。
そこでここからは、司法修習生がどの程度の収入があるかをご紹介します。

現在、司法修習生では給付制で給料を受け取ることになっています。
月収としては16万から17万円となっており、年収にするとだいたい200万円になります。

基本の給付金は13万5千円となっています。
給付制に変更されているため、以前の貸付制とは異なり、返済義務は当然ありません。
日割によって計算されているため、修習が停止した場合は支給されないようになっています。

これに加えて住居給付金や転居給付金などがあります。

住居給付金は自分が生活するために寮ではなく、賃貸に住むことになった場合に支給されます。
上限は3万5千円となっており、こちらも日割り計算で支給されることになっています。

転居給付金は司法修習のために引っ越しを余儀なくされた場合に支給される給付金になります。
最高裁判所に届け出をする必要があり、距離別に指定された金額が支給されるようになっています。

以上が司法修習生の収入についての説明となります。
賃貸を借りる際は収入についてもよく考えて選ぶようにしましょう。

□まとめ

今回は、司法修習生になられる方に向けて、賃貸を探す際のポイントを解説しました。
本記事が司法修習を受けられる方の参考になれば幸いです。
当社では、司法修習生に向けた物件をご紹介させていただいております。
大阪で司法修習を受けることになった際は、ぜひ一度当社にご相談ください。