司法修習生は忙しい?一日の生活について解説します!

司法試験合格後に行われる司法修習は資格取得のための研修期間です。
そのため、この司法修習の期間の過ごし方は非常に重要になってきます。
今回は、司法修習生は忙しいのかどうか、日々の生活について詳しく解説します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□司法修習生の生活

まず、司法修習生のスケジュールについてご紹介します。
司法修習は司法試験が行われた年の12月から翌年11月の期間に行われます。
内容としては、導入修習が12月上旬から3週間行われ、分野別修習が1月から8月上旬にかけて行われます。

加えて集合修習が8月中旬から9月にかけて行われ、選択修習が10月から11月中旬にかけて行われます。

それらの修習が終わると、11月下旬に司法修習生考試(二回試験)が行われます。
そして、この試験の合否はインターネット上や法務省試験合格発表掲示板にて12月に発表されます。
司法修習生は上記のようなスケジュールに沿って生活することになります。

次にそれぞれの修習の内容についてご紹介します。

*導入修習

導入修習は、1年弱の本格的な修習が始まる前のガイダンスのようなものとなっています。
その年に司法試験を合格した方で、司法修習を受ける人は司法研修所と呼ばれる場所に集まります。

*分野別修習

分野別修習は、地方裁判所管轄の地域に配属され、民事裁判や刑事裁判、検察、弁護といった4分野を2か月ずつ実習します。

分野別修習では裁判に立ち会ったり、弁護の実務を経験したりして法曹家としての知識をつけることになります。
配属先に関して希望は出せますが、希望が必ずしも通るわけではありません。
そのため、遠方になった場合は賃貸住宅を自分で借りるか寮に住むことになります。

*選択修習

選択修習では、裁判所、弁護士会、検察庁が提供した科目の中から任意でカリキュラムを選択し、2か月ほど修習することになります。
自分で科目を選ぶことになるため、この時点までにどの道に進むのか進路を明確にしておくことをおすすめします。

これらが生活の中心となる修習の内容になります。

*修習中の収入について

修習中の収入としては月13万5千円の給付金が支給されます。
兼業は禁止されているため注意が必要です。

住宅に関しては寮か賃貸に住むことになります。
賃貸の場合は、住宅手当として月3万5千円ほどのお金が支給されます。

当社では、西天満を中心に司法修習生に向けた物件もご案内していますので、ご興味のある方は是非お問い合わせください。

□法曹になるために重要な二回試験とは

先ほどは修習生の生活についてご紹介しました。
そして、法曹になるためにはさらに試験を受ける必要があり、このための勉強をしておく必要があります。
司法修習生考試、通称二回試験と呼ばれるものは5科目を1日1科目、計5日間の日程で行われます。
各日7時間半という長時間のスケジュールとなっています。

裁判官や検察官志望であれば、このテストでの成績が進路に影響してくるため、集中して取り組む必要があります。
弁護士志望の場合であれば成績は関係なく、試験に合格できれば問題ありません。

いずれにせよ、法曹志望の方は合格する必要があるため、二回試験の対策は重要になってきます。

対策としては、修習中に評価の悪かった起案の復習や、過去問の振り返りなどが重要になってきます。
合格率は高いとは言え、決して油断できるような試験ではないため、しっかりと対策をしておきたいところですね。

□司法修習生の就職活動について

先ほどは二回試験について解説しました。
ここからは司法修習生の就職活動について解説します。

法曹志望者の方は司法修習中に就職活動を行う必要があります。
一般的に、二回試験の前に内定を獲得されている方が多いです。

司法修習生の代表的な進路としては、弁護士や裁判官、検察官が挙げられます。

司法修習を無事終えた方の中で最も多いのは弁護士です。
2019年度では約70パーセントの方が弁護士となっています。
近年では、司法修習が終わった後独立して活動される方も増えていますが、まずは企業や法律事務所に就職される方が多いです。

就職活動の時期としては、司法試験の合格発表前である5月から7月、司法試験の合格発表後の9月から11月、司法修習の開始後の3通りが主に考えられます。

裁判官や検察官になれる方は司法修習生の中でも成績が優秀な方に限定されます。
それに加えて、職務に対する熱意や日頃の立ち振る舞いなども重視されます。

このように司法修習が始まると進路についてもよく考えなければならないため、忙しくなってくると言えるでしょう。

□まとめ

今回は、司法修習生の生活をご紹介しました。
司法修習生は修習に加えて、就職活動や試験対策などをする必要があるため、非常に忙しいです。
本記事がこれから司法修習生となる方の参考になれば幸いです。
そして、当社では西天満を中心に、司法修習生に向けた賃貸物件をご案内しておりますので、お気軽にご相談ください。