司法修習生考試とは?試験内容や日程を詳しくご紹介!

司法試験に無事合格すると、次は司法修習を受ける必要があります。
その司法修習の最後には司法修習生考試というものがあり、法曹家になるためにはこれに合格する必要があります。
今回は、その司法修習生考試の内容や日程について詳しくご紹介します。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

□司法修習とは何か

裁判所法67条において、司法修習生は1年間修習をした後に試験に合格した際は、司法修習生の修習を終えるとなっています。
かつては2年間の修習が必要でしたが、現在は約1年間の修習となっています。

*司法修習生のスケジュール

司法修習生の1年のスケジュールは毎年12月に始まって、翌年の11月に終わります。

最初に導入として、導入修習というものが行われ12月初めから開始されます。
これは年内に終わるもので、集合修習の形式で行われるものになります。

その後は、全国各地の指定された修習場所で実務修習を行います。
修習地は希望を出すことができますが、最高裁判所が決定することになっているため、全員が希望通りになるとは限りません。

それらが終わった後に再び指定された場所に集まる集合修習と、選択性の実務修習がそれぞれ1か月半ずつ行われます。

*集合修習について

集合修習は埼玉県和光市の司法修習で行われます。
そのため、遠方の修習生がこの修習を受けるためには一時的に寮に住んだり、賃貸に住んだりする必要があります。
集合修習では裁判に関する書類の作成練習をすることが多いです。

*実務演習について

実務演習では、民事・刑事裁判修習、弁護修習、検察修習をそれぞれ2か月ずつ受ける必要があります。
これは弁護士志望や検察官志望などは関係なく、すべての修習を受ける必要があります。
それゆえに、弁護士を志望していたとしても検察庁で2か月、裁判所で4か月の実務修習を受けることになります。

□司法修習生考試とは

先ほどは司法修習制度について詳しくご紹介しました。
ここからは、その修習が終わった後に待ち構えている司法修習生考試について解説します。

司法修習生考試、一般的に2回試験と呼ばれるものは、法曹家になるために避けては通れない試験です。
毎年11月中旬から下旬にかけて実施される司法修習の卒業試験で、修習で学んだことを試される場となります。

試験科目は検察、民事弁護、刑事弁護、刑事裁判、民事裁判の5科目となっています。
試験難易度は簡単ではなく、司法試験を通過していたとしても油断できる試験ではありません。
もし不合格となってしまった場合は、翌年に同じ試験を再受験し、合格する必要があります。

試験の内容としては、科目ごとに作成された事件記録簿があり、それに基づいて書面作成や事実認定といった起草作成に関連する問題に答えていく形式になっています。

試験は1日1科目で、5日間にわたって行われます。
そして、1科目あたりの試験時間は午前10時20分から午後5時50分までの7時間半と非常に長時間の試験となっています。
集中力や体力も求められる厳しい試験と言えますね。

2回試験の直前の集合修習では教官から試験に向けた指導が行われます。
ここでどれだけ試験に向けた勉強ができるかが明暗を分けると言えます。

この2回試験の合格率は毎年約98パーセントを超えています。
そのため、簡単な試験と思われるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。

この2回試験に落ちてしまうと、翌年から法曹家として活動できない訳ですから、内定をもらっていたとしても白紙に戻される可能性があります。
体調不良で受験ができなかった場合も代わりの試験はありません。
そのため、この合格率98パーセントはこの先の進路のために修習生が必死に勉強し、万全に対策した結果が表れていると言えるでしょう。

□司法修習生考試に向けた勉強法

ここまで司法修習生考試についてご紹介しました。
最後に、この試験に向けた対策や勉強法について解説します。

基本的な勉強法として挙げられるのは、司法研修所の教材を読み込むことです。
一般的に白表紙と呼ばれる教材は、すべての司法修習生が目を通すものです。

この白表紙でわかりづらい箇所があれば、適宜わかりやすく解説している教材を購入し、理解を深めるようにしましょう。
また、周囲の修習生と一緒に勉強することも重要になってきます。

一人で勉強をしていると、自分の起案の良い点や悪い点を見つけるのに一苦労します。
しかし、何人もの仲間と勉強することでそれらを理解することが簡単になります。

裁判官志望の場合は二回試験に合格するだけでなく、優秀な成績である必要があります。
合格率が高くても油断せず、しっかりと対策するようにしていきましょう。

□まとめ

今回は、その司法修習生考試の内容や日程について詳しくご紹介しました。
司法修習生考試は合格率こそ高いものの、厳しい試験であることは間違いありません。
これから司法修習を受けられる方は油断せず、しっかりと対策をするようにしてくださいね。
西天満の賃貸物件をお探しの司法修習生の方は、ぜひ当社へご相談ください。