日当たりの良い方角とは?西天満で部屋選びをされている方必見!

西天満で部屋選びをされている方の中で、日当たりを考慮されるという方も多いですよね。
日当たりが良い部屋はどの方角かよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、日当たりの良い方角と、日当たりが良くない場合の対処法についてご紹介します。
部屋選びで悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

□日当たりの良い方角とは?

部屋選びには、日当たりが重要です。
日当たりの良い方角はどこでしょうか。
ここでは、日当たりについてそれぞれの方角の物件からご紹介します。
また、内見する際のポイントについても併せてご紹介します。

*各物件の日当たりについて

まずは、東向きの物件です。
太陽は東から昇るので、朝から昼までは日当たりが良いでしょう。
午後からは日が少し差し込みにくくなるので、午前中に洗濯物を干しておくと良いでしょう。
朝起きて出勤し、夜に帰宅するというライフスタイルの方におすすめの方角です。
体内時計が狂うことなく健康的に過ごせるでしょう。

次に、西向きの物件です。
東から昇った太陽は、西に沈みます。
そのため、午前中は日が当たらず薄暗いですが、午後から日当たりが良くなります。
朝起きる時間が遅い方やのんびりと過ごしたい方におすすめの方角です。
昼過ぎに洗濯物を干せるため、焦らずにゆっくりと干せるでしょう。

次に、南向きの物件です。
南向きの部屋は、午前も午後も日が差し込みます。
そのため、1日中明るい部屋で過ごせます。

洗濯物は1日かけて乾かせるので、厚手のものでも干せるでしょう。
冬でも、日が差し込むので暖かい部屋になるでしょう。

最後に、北向きの物件です。
北向きは日当たりが悪いと言われており、1日中薄暗く、少し室温も低くなるでしょう。
その一方で家賃が安くなるというメリットもあります。
夜仕事に行き、朝に帰宅する方のように、特に日当たりを気にしない方におすすめです。

*内見時の確認ポイント

まず、間取りについてです。
南向きの物件にも関わらず、日当たりがあまり良くないというケースもあるでしょう。
それは、開口部が縦に長くなっている間取りの場合が多いです。

縦に長いと部屋全体に光が直接当たらないため、日当たりがあまり良くないと感じてしまいます。
一方、横に長いタイプの間取りであれば明るくなるでしょう。

同じ方角であっても間取りによっては日光の入り方が異なります。
内見時に、どれくらいの光が入るかを確認しておきましょう。

次に、素材についてです。
実は、日当たりの良さと素材は関係しています。
ベランダにおいては、格子状のベランダと透明ガラス状のベランダを比較すると、透明ガラス状のベランダの方が明るくなります。
透明ガラスの方が光を通しやすいためです。

ただし、透明なので防犯面ではあまり良いとは言えません。
その点も含めて考えることをおすすめします。

室内のドアにおいても、透明ガラスのドアであれば部屋全体が明るくなります。
部屋だけでなく、光が廊下まで届くためです。
このように、ベランダや室内のドアにも注目してみましょう。

最後に、周辺環境です。
方角、間取り、素材が良いとなったら、最後に周辺環境を確認しましょう。
日が差す方角に高い建物が建っている場合、光を遮ってしまう可能性があるからです。
特に低層階に住むことを考えている場合はしっかりと確認しておきましょう。

以上のポイントを内覧時に確認して、快適な生活を実現させましょう。

□日当たりが良くない場合の対象法について

ここまでは、日当たりについてそれぞれの方角の物件から見てきました。
多くの方は、日当たりが良い物件を好まれると思います。
しかし、希望通りの物件が必ずしも空いているというわけではありません。
気に入った物件が希望の方角でない可能性もあります。

そこで、ここからは、日当たりが良くない場合の対処法についてご紹介します。

1つ目は、光が入りやすい作りにすることです。
リビングの家具の場所を工夫し、光が入りやすいようにしましょう。
窓やベランダ付近には大きな家具を置かないようにすると良いでしょう。

2つ目は、内装の色を工夫することです。
壁紙を、白や明るい色にすると良いでしょう。
白は光を反射するため、部屋全体を明るくできるからです。
壁紙だけでなく、白色を基調とした家具を揃えるだけでも変わるでしょう。

3つ目は、照明を明るくすることです。
日の光が入らないのであれば、照明で補うことをおすすめします。

照明はLEDシーリングライトが良いでしょう。
LEDシーリングライトは部屋全体を明るくしてくれるからです。
一般的な蛍光灯よりも電気代を節約できるでしょう。

□まとめ

今回は、日当たりの良い方角と、日当たりが良くない場合の対処法についてご紹介しました。
この記事でご紹介したことを参考に、快適な部屋選びをしてみてはいかがでしょうか。
何かご質問や疑問点等がございましたらお気軽に当社までご連絡ください。
全力でサポートさせていただきます。