大学生でも司法修習生になれる?大学生のうちに試験に合格するメリットとは

「大学生のうちに司法試験を受けた方がいいのかな」
このようにお悩みの方は多いでしょう。
今回は大学生で司法試験に合格するメリットと修習までの準備は何をしたらいいのかをご紹介します。
また、司法試験合格後にすぐに司法修習にいく必要はないのかについてもご説明します。
ぜひ参考にしてみてください。

□大学生で司法試験に合格するメリットとは?

大学生で司法試験のために一生懸命勉強して合格するメリットが分からなくて不安になっている方は多いのではないでしょうか。
ここでは、大学生で司法試験に合格するメリット3つをご紹介します。

1つ目は、少しでも早く法曹資格を取得し、実務に就けることです。
大学を卒業した後に法科大学院に進学すると、2年間の勉強を経て最短で翌年には司法試験に合格できるでしょう。
大学在学中に司法試験に合格すると、法科大学院に進学するのよりも早く法曹資格を取得できます。
そのため、早く実務に就けるのが大きなメリットです。

2つ目は、経済的な負担を軽減できることです。
法科大学院に進学するための学費を削減できるので、経済的な負担を減らせます。
法科大学院に進学すれば、約180万から250万円の学費が必要です。

しかし、大学在学中に司法試験に合格して、法科大学院へ進学する必要がなくなると学費は全くかかりません。
大学在学中に司法試験に合格するには、空き時間を勉強に費やす必要があります。
自分のペースでゆっくりと勉強したい方は、法科大学院へ進学するのも1つの選択肢です。

3つ目は、就職活動のときに有利になることです。
予備試験に合格しておくことで、就職活動の時に有利になります。
予備試験の合格は、合格者が数パーセントの非常に狭き門です。

また、予備試験合格者の司法試験の合格率は法科大学院修了生の3倍以上です。
予備試験合格すると優秀な者と評価されるので、司法試験合格後の就職活動をスムーズに進められるでしょう。

このように、大学在学中に司法試験に合格するメリットは大いにあります
ただ、必ず大学在学中に司法試験に合格する必要がある訳ではないので、自分のタイミングで司法試験を受けましょう。
大学在学中に司法試験を受けようと考えている方は、これらのメリットを念頭に入れて勉強のモチベーションを上げていきましょう。

□修習までの準備はなにをしたらいい?

司法試験に合格後の修習が始まるまでに準備しておくべきことについて気になる方は多いでしょう。
そこで準備すべきこと2つをご紹介します。

1つ目は、修習開始前に知識を確認しておくことです。
修習開始後1番初めのプログラムである導入修習は、たった1ヶ月間で集中的に講義や起案をします。
この1ヶ月間に勉強時間をたっぷり確保するのは困難です。
また、導入修習開始後の1週間目以降、即日起案というものが始まります。

即日起案の評価は教官からの印象を左右することが多いです。
検察官や裁判官を志望する人は一切気を抜けないので、さらに勉強時間を確保できない状況になるでしょう。
弁護士を志望する人でも将来的に海外のロースクールへの留学を考えている場合は、断は禁物です。
その理由は司法修習のときの成績が入学の合否を決めるときに一緒に考慮される場合があるからです。

2つ目は、司法試験対策ではあまり勉強しなかった分野を確認しておくことです。
起案では、主張整理や事実認定といった司法試験対策では触れていない分野が大切になってきます。
そのため、これらの分野を基本書で軽く予習しておくことをおすすめします。

修習中は手続法をしっかりと理解し、正しい知識を蓄えなければいけません。
自信をもって修習を迎えられるように、修習前に民事訴訟法や刑事訴訟、要件事実論などを復習しておきましょう。

□司法試験合格後はすぐに司法修習にいかなくてもいい?

司法試験を合格した人のほとんどは、そのまま司法修習を受けることが多いです。

しかし、司法試験に合格したら、絶対にその年に司法修習を受ける必要があると決まっている訳ではありません。
次の年の1年3ヶ月後に司法修習を受ける人もいます。
例えば、大学生だと司法試験に合格しても学生期間がまだ残っているので、学生期間が終わってから司法修習を受ける方もいます。

修習生の間でのつながりも大切ですが、学生時代の友達関係はその時にしか作れない特別な時間です。
どんな仕事でも法律に関わる事柄は多いので、学校でさまざまな進路に進む人材と交流を深めて人脈を広げておきましょう。
また、司法修習を受けなかった場合には検事や裁判官、弁護士などの法曹にはなれません。
司法修習は法曹になるために必ず必要なので受けるタイミングは遅くとも、いずれは受けるようにしましょう。

□まとめ

今回は、大学生で司法試験に合格するメリットと修習までの準備は何をしたらいいのかをご紹介しました。
大学在学中に司法試験の合格ができるよう、応援しています。
当社では、司法修習生向けの物件を多数ご用意しておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。