司法修習生の給与とは?司法修習生の給与制度について解説します!

弁護士を目指している方、司法試験を受ける予定の方はご存じであろう、司法試験合格後に実施される司法修習生でやることについてご存じの方は少ないでしょう。
つい合格までの道のりを意識し、その後の内容を見逃しがちですよね。
今回は司法修習生の給与制度や修習内容に加え、生活面で事前に準備すべきポイントをご紹介いたします。

□司法修習生の給与について

司法修習生は給費制で、司法修習を受けている間も安定した収入を得ることができます。
月収は16〜17万円、年収は約200万円です。
場合によっては日割り計算で支給されます。
日割り計算で支給される期間は、修習が停止した期間、修習期間に末日が含まれる場合、司法修習生の身分を持っていない期間などです。

*給付金の内訳について

給与の支給期間は、修習開始日から最終日まで毎月受け取れます。
給付金の内訳としては、基本給が約13万5,000円で、自ら賃貸契約をしている人には住宅手当として上限3万5,000円が支給されます。
住宅手当も給付金同様、場合によって日割り計算で支給されます。

日割り計算で支給される期間は、修習停止期間、修習期間に末日が含まれる場合、司法収集制の身分を持っていない期間、そして最高裁判所が設ける寮や自宅などに居住した期間などです。
基本給付金よりも1ヵ月遅れて支給されるため、修習最終日の1ヵ月後が最後の振込となります。

修習のために移転がともなる場合は、移転給付金が支給されます。
こちらは最高裁判所の定める様式で届け出を出すことで受け取れます。
しかし、交通費の支給はありません。
そのため、修習場所により近い場所に移転する方が多いです。

導入、分野別、集合、選択と修習ごとに引っ越しをする必要がある場合も、それぞれ4回移転給付金を受け取れます。

*手続きに必要な書類について 

一般的に、手続きは合格した際に説明される修習金案内を参考にして行います。
必要な書類は3種類あるため、忘れずに準備をしましょう。
振込口座届出書、移転給付金を受け取るための移転届、住居給付金が必要な方は住居届の準備が必要です。

□司法修習生に対する給費制と賃貸制について紹介します!

現在行われている給費制度は2017年に始まりました。
2011年以前にも同じ制度がありましたが、その後一度廃止され、再度復活した形です。

2011年以後は貸与制度がはじまりました。
月に18万円〜28万円貸与できる形でしたが、1年間で考えると約300万の借金です。
修習生にとってはかなり大きな負担で、大学で返済型の奨学金を借りている人にとっては、負担が上乗せされる形です。

そのため、当時は貸与金と奨学金で合計1000万円を超える人が出ており、経済的に大きな負担を背負っている学生が多いという深刻な状況になっていました。
その後、修習期間で無給という状況は影響を及ぼし、経済的理由で法曹志願者が激減しました。

これにより、現状は異例の事態だと認められ、2017年に給費制度が再度実施されることとなりました。
修習期間はアルバイトが禁止のため、場合によっては切り詰めて生活をする必要があります。
そのため、現在の給費制度についても、基本給である13万5,000円は十分な額とは言えず、より充実したサポート体制をとるべきかについての検討が続いています。

□司法修習生の生活とは?

修習生は5月中旬に実施される司法試験に合格後、例年11月から約1年間、司法修習を受けます。
1年のスケジュールは、導入修習に1ヵ月、分野別修習に8ヵ月、集合修習に2ヵ月、選択修習に2ヵ月となっています。

司法修習が終われば、最後に2回試験があり、合格発表という流れです。
以下ではもう少し詳しい流れを紹介します。
まず、司法試験に合格後、修習資格を得ます。
その後、配属先の裁判所が決まります。

配属先は47都道府県から6つ希望を出すことができますが、希望していない裁判所に決まる可能性もあるため注意です。
配属先では職員と同じ出勤時間でフルタイムの勤務になります。
内容は、民事・刑事裁判修習、検察修習、弁護修習の3つに分かれています。

民事・刑事裁判修習は、裁判の傍聴、被告・原告の主張整理、判決書の作成などで、検察修習は、検察官の指導下で取り調べなど事件の捜査、起訴についての判断や証拠の準備などをします。

弁護修習では、弁護士指導の下、法律についての相談や、被告人・被疑者との接見、書面作成、裁判期日への参加などが主な業務です。
裁判所での10ヵ月間の修習を終えた後は、埼玉県にある司法研修所で2ヵ月間修習があります。

修習を受けている間の居住地は寮に住むか、アパートを借りるかという選択肢があります。
寮は抽選で入居者が決まるため、抽選が外れた場合はアパートを借りなければいけません。
抽選に落ちた場合のことも考慮し、エリア内のアパートを調べておくと安心です。

□まとめ

今回は司法修習生の給与制度やその他気を付ける点などをご紹介いたしました。
当社は大阪地方裁判所周辺のアパート、賃貸情報を豊富に取りそろえております。
ホームページでは駅や地図から物件を見つけられる便利な機能がございますのでおすすめです。
ご相談はお電話、LINEからぜひお気軽にお問い合わせください。