賃貸物件の管理費とは?管理費の必要性についてご紹介します!

「賃貸物件を探していて、管理費の存在を知ったが何に使う費用なのかわからない」
「管理費の必要性について詳しく知りたい」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回は管理費とは何に使用するための費用なのか、管理費の必要性についての説明も加えてご説明いたします。

□賃貸物件でよく記載されている管理費とは

管理費とは、マンションの定期的なメンテナンスに使用される費用のことです。
管理費は主に、ゴミ捨て場の管理清掃、エレベーターの電気代、修理代、点検にかかる費用、エントランスの備品交換や清掃、インターネットやテレビの回線使用料などに使われます。
管理人がいる場合は、管理費の一部が人件費になる場合が多いです。

その他、監視カメラ代やオートロック設備の維持費に使われていることが多いです。
管理費と聞くと、共益費とはどう違うのかという点に疑問を持った方がもいらっしゃるでしょう。
しかし、共益費と管理費はどちらもメンテンナンスという点では同じなので、明確に区別されているわけではありません。
物件情報には管理費と共益費が合わせて記載されていることがほとんどです。

*管理費の相場はいくらか

管理費を決めるのは大家さんなので、明確な相場はありません。
物件情報には家賃に合わせて管理費の記載があり、実際に払う必要があるのは、家賃と管理費を合わせた金額です。

一般的に相場は家賃の5%〜10%と言われています。
例えば、家賃6万円だと、3,000円〜6,000円が管理費となり、実際に支払う必要があるのは、6万3000円〜6万6000円となります。

また、オーナーではなく管理会社に管理費を払う場合もあります。
その場合の相場も同じく家賃の5%〜10%となる場合が多いです。

□家賃と管理費の違いについて

家賃は賃貸を借りるための費用、管理費は施設維持費や、その他部屋以外にかかる費用のことです。
管理費が無料と書かれている際は家賃に管理費が含まれています。
どちらのパターンか確認しましょう。

管理費が別の場合と、家賃に含まれている場合の違いは更新時にかかる費用です。
管理費が別になっている方が更新時の費用を抑えられます。
これは更新料が毎月払っている額の何ヵ月分かで計算されるためです。

どちらの場合も特別大きな差があるとは言えませんが、更新料、敷金・礼金の金額について考慮して考えると費用を抑えられる可能性があります。

□管理費の注意点について

管理費が家賃に含まれている場合、注意すべき点が2つあります。

1つ目は、管理費が0円の分、家賃は少し高めの設定になっていることです。
そのため、初期費用が高くなります。
初期費用には敷金・礼金、仲介手数料などもかかるため、多めに見積もることが大切です。

2つ目は、管理費について触れられていない場合です。
この場合、必ず表示されている額に管理費が含まれているのか事前に確認しておきましょう。
物件のメンテナンス費用は誰が負担することになっているのか明らかにしておくと、万が一の場合に備えられます。

管理費が設定されていない場合でも、建物の管理が一切されないというわけではありません。
管理の質が管理費と関係があるとは一概に言えないため、このことも頭に入れておきましょう。

*その他管理についての注意点

管理費については法的な決まりがありません。
そのため、さまざまな要素で変動する可能性があります。

例えば、どんな設備が使われているか、いつ入居したか、床面積はどれくらいかなどです。
共用施設には、エレベーター、防犯カメラ、ゴミ収納スペースが含まれます。
その他に集会室や共用の場所がある場合にも維持費がかかるため、管理費として必要とみなされる場合が多いです。

入居時期については、4月以降に空部屋が出た場合、空部屋を維持するための費用が管理費に含まれることがあります。
時期や物件により変動があるということを踏まえて物件を探しましょう。
床面積については、広いほど物件は高くなる傾向があり、構造によっても変化します。
床面積を基準として金額を決めている場合がほとんどなので、広い部屋を物件選びの条件としている場合は注意が必要です。

他に高層物件、コンシェルジュ在籍の物件、新築や築年数が浅い物件、防犯性が高い物件、インターネット完備の物件なども管理費が上がる特徴です。
人気の物件や充実した設備がある場合は管理費に注目してみましょう。

家賃がどのくらいかを確認するのも大切ですが、毎月の負担を考えて管理費がどのくらいなのかをチェックしておくことをおすすめします。
物件を決める際に家賃から管理費まで全体を考慮した最適な判断ができるでしょう。

□まとめ

今回は賃貸物件をお探しの方向けに管理費の内容や管理費は必要なのかどうかについてもご説明いたしました。
当社は大阪北浜を中心に、お客様の希望にあった物件を多数とりそろえております。
司法修習生向けや法律関係の方向けにおすすめの西天満エリアの物件情報が豊富です。
賃貸物件をお探しの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。