賃貸で初めての一人暮らしをする方へ!失敗しないための選び方をご紹介!

「賃貸物件の選び方に関して知りたい」
このようにお考えの方は多いですよね。
そこで今回は、賃貸物件探しでよくある失敗や選び方のコツについてご紹介します。
事前に知っておくことで失敗や後悔も少なくなるかも知れません。
ぜひ参考にしてください。

□賃貸物件探しでよくある失敗について!

よくある失敗を知っておくと、教訓を得ることで自分が失敗する可能性を下げられます。
ここでは、はじめて賃貸を探すという方に向けてよくある失敗をご紹介します。

1つ目は、家賃や費用に関する問題です。
もちろん、立地や設備、築年数などこだわりたい部分は多いと思います。
しかし、条件にこだわりすぎるあまり家賃が高すぎるという問題が起こることが多いです。

また、ご自身が払える家賃の額を考える際に収入面について考慮していなかったという失敗も多いです。
貯金にまわせるお金も確保しながら、ご自身が払える額の家賃の場所にしましょう。

2つ目は、立地に関する問題です。
立地が悪い賃貸物件を借りてしまって後から後悔される方も多いです。
通勤・通学にかかる時間が長くなったり、駅までの道のりの中で坂道があったりして、毎日苦労している方も多いです。
立地に関しては、毎日移動することを考えて慎重に検討してくださいね。

3つ目は、間取りや設備に関する問題です。
部屋の広さばかりに気がとられていると、収納量の少なさに後悔される方も多いです。
また、水回りに関して妥協してしまうと住みはじめてから不便に感じる方が多いです。
お風呂やトイレ、キッチンなど水回りは毎日使用する設備なので、賃貸物件選びの際にはしっかりと確認しましょう。

以上の失敗には十分注意して、ご自身にぴったりの賃貸を見つけてくださいね。
もちろん、ある程度の妥協も必要かもしれませんが、住みはじめてから後悔しないようにしましょうね。

□失敗しない賃貸物件の選び方とは?

ここでは、賃貸物件の選び方に関するポイントを解説します。

何よりも大切なのは優先順位の高い項目から考えていくことです。
なかなか求めているもの全てを叶えてくれるような賃貸物件に出会うことは少ないです。
そのため、まずはどの項目を優先させたいのか考えておきましょう。
そうすることで、物件探しがかなりスムーズになるでしょう。

特に、家賃・立地・広さに関してはこだわりがある項目だと思います。
どのようなポイントを優先させたいのか、不動産会社に相談する前にご自身で考えてみてください。

家賃に関しては、手取りの3分の1以下に抑えておくのが良いと言われています。
しかし、「もう少し貯金にお金を回したい」「趣味にお金を使いたい」とお考えの方も多いと思います。
そのような場合には当然ですが、もう少し家賃のハードルを下げましょう。

また、ご自身が選んでいる候補物件のエリアによっては、予算以内の賃貸物件がない可能性があります。
もしも、理想の家賃を優先させたいのであれば、エリアを変えるという考えも選択肢に入れておきましょうね。

立地に関しては、利便性を左右する部分なのでしっかりと検討しましょう。
公共交通機関や周辺の施設からの距離を重視したいのであれば、立地は優先順位を上げていただきたい項目です。
また、駅からの距離だけでなく、その駅がご自身の会社や学校に行くのに便利な駅なのかどうかも確認しましょう。

さらに、治安に関しても考えておくことが大切です。
お子様がいらっしゃる場合などには大切な項目ですよね。
ご自身が住みたいエリアの口コミなどを確認しておくと良いかもしれません。

最後に広さについてですが、住んでいる人の人数によって大体適した広さが決まります。
そのため、「最低居住面積水準」「誘導居住面積水準」などを調べて参考にしてみてはいかがでしょうか。

しかし、注意点として最低居住面積水準とは、快適に生活できる最低限の広さのことです。
また、誘導居住面積水準とは、それよりも余裕を持って生活できる広さのことです。
定義が異なりますので、ご自身が調べる際には注意してくださいね。

さらに、荷物が多い場合やお子様がいる場合、家に人をよびたい場合には、これよりもさらに広い面積が必要かもしれません。
あくまで面積水準については目安です。
そのため、これを参考にして、ご自身がちょうど良いと思う広さの賃貸物件を探してみてください。
しかし、広い家にしたいとお考えの場合には、広ければ広いほど家賃が高くなる可能性が高いので、注意してくださいね。

このように、賃貸物件を探す際には家賃・立地・広さに関しては非常に重要な項目です。
そのため、どの項目を優先させたいのかご自身で考えてみてくださいね。

□まとめ

今回は、賃貸物件探しの際によくある失敗や選び方のコツについて解説しました。
何か参考になることがありましたら幸いです。
また、この記事に関する疑問点や質問がございましたらお気軽に当社までご連絡ください。
スタッフが丁寧に対応いたします。